センター紹介

センター長挨拶

「キャリアセンター」のご活用を!


キャリアセンター長   村 松  俊 夫

 "キャリア"は、一般にその人の能力や技能、また経歴などのイメージで使われることが多い言葉です。しかし、本来は学修や就職、仕事にかかわる結果のみを示す言葉ではなく、働くこと全般に関わる「継続的なプロセス」と、働くことにまつわる人々の「生き方」そのものを指している言葉だと思います。”キャリア”を積むということは、仕事で場数を踏むという事だけでなく、その仕事に取り組む姿勢の中で身につけていく知識・技術・経験に加え「人間性」をも磨いていくこと。そして、プライベートも含めた「自分自身の生き方」を模索していく事にほかなりません。

「山梨大学キャリアセンター」では、学生一人ひとりが、特性、適性を見出し、目的意識を持って自分にあった将来設計が出来るよう、キャリア教育を入学後早い時期より実施するとともに、学生が満足する進学・就職ができるように全面的に支援しております。

 具体的な主な支援事業として、下記の内容に取り組んでいます

1 1年次から、キャリア形成のために「人間形成科目」、「キャリア形成科目」を必修科目とし、早期段階での職業に対する自覚を促しています。

2 インターンシップ担当者を配し、3年次・修士1年次を対象とした正課として、および2年次を対象とした正課外のインターンシップの実施を通じ、適切な職業観の育成を支援しています。

3 就職、進学等、学生への支援のため、複数のキャリア・アドバイザーを配し、個別相談・面接対策セミナー等による、きめ細かい進路指導・助言を行っています。

4 学生の進路支援事業の企画・実施、及び進路情報提供として、全学就職ガイダンスなど年間100を越す進路支援事業を展開するとともに、企業および行政機関等からの求人・大学院入学情報を提供し、進路選択の支援を行っています。

5 学生の進路に係る調査および分析を行い、各種資料の電子化・データ化により経年的比較や分析データの提供が可能な体制をとっています。

 キャリアセンターは、真に地域・社会が求め山梨大学が目的とする「地域の中核、世界の人材」を育み、輩出するため、教職員が一丸となって学生および院生の指導に取り組んでいます。
また、学生が安心して気軽に相談でき、満足感が持てるセンターになるよう努めています。

 どうか、上記趣旨をご理解くださり、本学の「キャリアセンター」を有効にご活用くださいますようお願い申し上げます。